ホーム
活用領域と活用イメージ
05 本部と店舗それぞれのPOSデータ活用

活用領域と活用イメージ

活用イメージ05
本部と店舗それぞれのPOSデータ活用

テーマ
本部は店舗から送られてくるPOSデータを高速バッチ処理したい。
店舗は現場ごとの指標や係数を設定し、その場で処理・確認したい。

SITUATION

PROBLEM

AZAREAでもっといい解決

バッチ・ETL開発ツール AZAREA_Clusterとビジネスルール開発ツール(BRMS) AZAREA_Ruleの「バッチ基盤」で高速・柔軟に並列処理の開発ができます。

このように、AZAREAバッチ基盤をお使いいただくことで、並列分散処理を用いた高度なバッチ処理も容易に内製で開発。柔軟な集計・分析のカスタマイズも可能になります。

TOPへ戻る